マンション売却は意外と大変でしたがすぐに売れました

不動産会社に相談をして売却をするこに

しかし、往復5時間の通勤は並大抵なものではなく、残業をすればほぼ終電に近い状態が1年程続いていました。
通勤は可能な限り短い方が良いわけですが、往復5時間の通勤は時間の無駄でもあり、購入したマンションを手放した方が良いと考えるようになったのです。
たまたま最寄り駅近くに不動産会社がありましたので、こちらの不動産会社に相談をして売却をすることにしました。
売却するに当たり、媒介契約と呼ぶ仲介業者との契約を交わしましたが、この時交わしたのは専任媒介契約と呼ぶもので、契約可能な会社は1社のみと言うものでした。
当時は、それほど契約にこだわりを持たずに、所有していたマンションを売却して現在勤めている会社に近い場所にある部屋を借りることが目的でしたので、売れればどこでも良いと思っていたのです。
不動産会社はそれぞれ独自の方法で販売活動を行う、買主を見つけるための活動を行ってくれますが、自分達が選んだ不動産会社は毎週のように部屋の見学が出来るようにオープンルームを開催し、地元に住む人々を対象とした販売活動を行ってくれたのです。
最初の内はオープンルームも色々なお客さんが来るので比較的楽しい思いもありましたが、第三者が自分達が住む場所に入るわけですから徐々にこれがストレスに感じるようになりました。

会社が倒産したことでマイホームを手放すことに不動産会社に相談をして売却をするこに複数の不動産を頼った方が賢明

マンション売却マンション売却の達人